ロンドンでの生活

約6年前に、東京からロンドンに引っ越してきました。
「どこに住んでいるの?」と聞かれたら、「ロンドンです。」と答えていますが、すぐに、
「郊外のUxbridge(アクスブリッジ)に住んでいます。」と付け加えています。
というのも、ロンドン特別区(London Borough of Hillingdon)ではあるのですが、かつては、Middlesex州だった地区だからです。

私が住んでいるUxbridgeは、Middlesex州の首都で、昔から栄えた地域です。
緑が多く、湖や川、運河もあり、「ここがロンドン特別区?」と驚く方もいらっしゃいます。   野生の鳥がいつも美しい声でさえずり、馬も近くに住んでいます。キツネはいつも庭で休んで行き、リスは、鳥にあげたエサを食べていきます。

田舎ですが、二階建てバスも通っていて、電車もバスもオイスターカードを使う事が出来ます。

ロンドン中心地に住んでいる友達や、書道の生徒さん達が、Uxbridgeの自宅にいらしてくださると、皆さん、「里山に来たみたい!」と、喜んでくれます。そして、運河の近くにあるレストランやパブでの時間も楽しんでくださっているようです。

東京に住んでいた時と同じように快適か?というと、やはり、食事の面など、日本を恋しく思いますが、イギリスならではの楽しみ方を見つけていけたらな、と思っています。