英国剣道連盟2019年度年次総会

英国剣道連盟の年次総会が、ロンドンで開催されました。

英国剣道連盟には、剣道部、居合道部、杖道部の三つの部があります。

まず、それぞれの部で、個別に会議が行われ、最後に、合同で会議を行います。

私は、三つの部に所属しているので、それぞれの会議に出席しました。

今年は、日本人の友達がいなくて、日本語を話す機会がないかと思ったのですが、剣道、居合道、杖道全て七段の、日本語堪能なイギリス人の先生が、隣に座ってくれ、聞き取れない箇所は、通訳してくださったので、助かりました。

日本の武道なのに、会議は、全て英語で進行されます。

ですが、話している内容は、やはり、日本の武道の話。

『道』とは。
と、礼儀、筋を通す事の大切さを発言した方には、一同、拍手をして讃えました。

日本人の私は、胸にジーンときました。

その後、年次総会なので、決議を採る場面となりました。

何だか、嬉しそうな表情の会長。

私達は、前に行って、名前を書いた後、小さな機械を受け取りました。
「何、これ?」と質問したら、
「これから、説明するから。」という返事。

「会議を円滑に終わらせる為、今年は、このシステムを採用します!」と、アナウンス。

まずは、全員で、きちんと機械が操作されているか、チェック。
何だか、みんな、嬉しそう・・・。

確かに、例年より、閉会の時刻は早まったものの、
コスト面を考えると、来年もこのシステムを採用するのか、という疑問が。

とかく、硬い空気の流れる、英国剣道連盟の年次総会で、みんなが一体となって、数字に集中できたという事は、意味があったのかな?と、思いました。

足立区島根剣友会の鏡開き

東京都足立区の島根剣友会では、私が子供の頃から鏡開きを行っています。

保護者の方々を中心に、昔ながらの手法でお餅をつくっています。

杵と臼でお餅をつきます。

つきたての餅は、いろいろなアレンジに。

やはり、日本では、餡子が欠かせません。イギリス人に、この事を話したら、信じてくれませんでした。それで、写真を撮って、証明。

体育館の中では、お雑煮がつくられていました。

保護者の方々が、お餅づくりをしている間、剣友会の会員達は、稽古をします。
毎年、鏡開きの日には、お隣の剣友会の方々も、出稽古してくださいます。

皆、鏡開きの日を楽しみにしています。
私が、子供の頃、寒い冬の稽古を乗り越える事が出来たのは、この鏡開きがあったからです。
美味しいお餅を皆と一緒に食べたいから、稽古に通いました。

今、こうして、イギリスで剣道の稽古を続ける事ができるのは、足立区島根剣友会の保護者の方々のサポートがあったからです。

これからも、この行事が続いてくれたらと思っています。

 

無名士剣道大会 2017

11月17日 土曜日に、第45回無名士剣道大会が開催されました。

 

 

 

 

 

 

 

ハナマルキ株式会社様が、今年も日本から液体塩こうじを送ってくださいました!

クリアスプリング社様も、おせんべいを参加者全員に提供してくださいました!

しかも、25%オフのお買い物のオファーまで!

昨年に引き続き、お土産つきの大会となり、参加された皆様、大喜びでした。

無名士剣道クラブのメンバーは、この大会の為に、手分けをして準備を進めてきました。
私の担当は、金曜日の夜の会場設定前の夜食の準備。

 

 

 

 

皆、仕事を終えた後、集合してくれるので、せめてもと思って、食事を用意しているのですが、日本の家庭料理を初めて食べたメンバーが喜んでくれた事に気を良くして、今年は品目を増やしました。
前日から仕込みをするので、いつも木曜日の午後に書道の稽古にいらしてくださっている生徒さん達には、剣道大会を理由に稽古はお休みさせて頂きました。

試合に出るメンバー達もいるので、消化の良いもの、と思って、ハナマルキさんの液体塩こうじを使って、筑前煮。

楽しい食事会・・・なのですが、時間がないので、食べたらすぐに席を立って、会場設営準備に向かいました。

 

 
 

 

 

今回は、少ないメンバーでの会場設定。時間がかかりましたが、全員力を合わせて何とか終わらせました。

大会当日。
多くの方々が遠方からもいらしてくださり、無事に日程を終える事が出来ました。

大会当日の写真は、facebookの無名士剣道クラブのページに掲載されていますので、どうぞご覧ください。
https://www.facebook.com/pg/MumeishiKendoClub/photos/?tab=album&album_id=1888447087850623