British Kendo Association Jodo-bu Kangeiko 2016

British Kendo Association(BKA) Jodo(杖道)-bu had a Kangeiko in Biddenham Upper School.
Kan means cold, geiko(keiko) means practice, so we call a practice in cold season; Kan(寒い) Keiko(稽古) in Japanese.

We practiced over six hours, there were about thirty people, I was the only Japanese.Starting exercise was warm up and we counted up to ten individually they counted in English; one two three… but for my turn, I called  Ichi Ni San… in Japanese. Then we did Chudan(中段) kata and Kage(影) kata.

In Japan we eat Rice cake(Mochi) after Kangeiko, but in the UK we ate cake in break time and lunch time.
I love both but some British people said Mochi is not tasty and is bland..and is not enjoyable to eat. In Japanese Kangeiko we make Mochi ourselves in our traditional way, but sadly I do not have the items to make Mochi here… anyway British like cake and tea so it is fine.
I miss the Japanese way of Kangeiko with Mochi in the UK, and felt a little home sick.

But its ok as we must take cake to Kangeiko and I ate five kinds of cakes.

英国剣道連盟居合道講習会

7月29日から8月2日まで、英国剣道連盟が主催する杖道・居合道講習会がスティーブニッジで開催されました。私は最終日の8月2日にお手伝いとして参加しました。

P1220223-300x225[1]

日本人の先生方6名、そして、英国人の先生方が指導されました。
10時から講習会開始。全員が整列し、先生方と挨拶。

P1220176-300x225[1]

段位と流派にグループ分けされ、各グループに担当の先生方がつきました。

P1220158-300x225[1]P1220159-300x225[1]P1220160-300x225[1]P1220166-300x225[1]

私は、参加者の方々が刀を持っている時間に、筆を持っていました。 『英国剣道連盟』小さい字で何枚も書きました。「これで書いて!」と、筆ペンを見せられた時は、正直ビックリしました。英国とはいえ、剣道連盟は、筆を常備しているんだ!と。

日本でご挨拶させて頂いた 石堂倭文先生と再会し、休憩時間に話しかけて頂きました。

P1220168-300x225[1]P1220172-300x225[1]

12時半に講習会終了。
閉会式の後、記念写真を撮る事になりました。

P1220177-300x225[1]

緊張していた空気が緩み、皆、笑顔になりました。

P1220180-300x225[1]

人数が多すぎて、並ぶのが大変!

記念写真を撮った後、石堂先生のお話を皆で聞きました。

P1220196-300x225[1]

講習会を終えた後は、ランチタイムをはさみ、午後2時から級・段審査が始まります。
受審者は、すぐにランチタイムを終え、稽古をしていました。

P1220211-300x225[1]P1220222-300x225[1]

審査会場は2つ。テーブルと椅子が並べられました。

P1220214-300x225[1]

審査が始まると、不思議なくらい、会場全体の空気が変わりました。
イギリスにいるとはいえ、日本の武道館で感じた、あの空気と同じでした。

P1220219-300x225[1]

居合道の不思議な力を肌で感じました。