クリフトン吊り橋

ブリストルに有名な吊り橋があると知り、ウェールズに向かう途中に立ち寄る事にしました。

 

 
ブリストル観光案内で教えてもらった公園から、クリフトン吊り橋が見えました。

 

美しい吊り橋というだけではなく、高台から見たクリフトン吊り橋を見て、川からの高さに驚きました。
 

 

クリストン吊り橋の近くに行くと、自動車は通行料を払わなければなりませんが、歩くのは無料という事で、向こう側まで歩く事にしました。

 

 

 

 

 

 

 

橋の近くに、吊り橋の資料館があり、橋のデザインを公募した事、建設費を集めるのが大変だった事等、いかにクリストン吊り橋が完成するまで大変であったかを学びました。

反対側に歩いて戻る際、立ち寄った公園を橋の左側に見る事が出来ました。

丹頂鶴 in England – Slimbridge Wetland Centre

イギリスには、WWT(Wildfowl and Wetlands Trust)野鳥湿地トラストが運営する湿地センターが9か所あります。

ウェールズに向かう途中、WWTのSlimbridge Wetland Centreに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

Slimbridge Wetland Centreに行った事があったのですが、

鶴がいる事は知りませんでした!

 
 

 

 
 

 

 

 

 

日本の鶴に似ているけど、、、と、半信半疑だったのですが、
看板を見つけ、やはり、丹頂鶴だ!と、確認しました。

丹頂鶴の近くで、イギリス人達が、歓声をあげていました。
誰も、鶴を見ておらず、不思議に思ったら、
カワウソがいました。


 

 

 

 

 

 
 

 

 

 
ヨーロッパの鶴もいます。

Slimbridge Wetland Centreには、他にも沢山の鳥が。





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

また丹頂鶴に会いに行きたいと思います。

チョコレートコスモス

ウェイクハースト プレイスは、キュー ガーデンの分園で、キューの会員カードで入場する事が出来ます。

ロンドンからちょっと離れているので、頻繁に行く事が出来ませんが、イースターやクリスマスの時季など、時々出かけています。

8月とはいえ、園内は、秋の雰囲気が漂っていました。

 

 

 

 

 

 

 

何度か、この季節にウェイクハースト プレイスに行っていますが、濃赤色のコスモスが咲いている事に初めて気づきました。
このコスモスの香りをかいで、感嘆の声をあげている方達がいました。

どうしてだろう?と思い、私もコスモスの近くに行ってみました。

甘い香り・・・どこかで嗅いだ事がある香り。

コスモスの名前を確認しました。

Cosmos atrosanguineus

手元の辞書で確認すると、

Cocolete Cosmos
チョコレートコスモス

この香りはチョコレート!

驚きました!

ウェイクハースト プレイスがもっと好きになりました。