英国剣道連盟2019年度年次総会

英国剣道連盟の年次総会が、ロンドンで開催されました。

英国剣道連盟には、剣道部、居合道部、杖道部の三つの部があります。

まず、それぞれの部で、個別に会議が行われ、最後に、合同で会議を行います。

私は、三つの部に所属しているので、それぞれの会議に出席しました。

今年は、日本人の友達がいなくて、日本語を話す機会がないかと思ったのですが、剣道、居合道、杖道全て七段の、日本語堪能なイギリス人の先生が、隣に座ってくれ、聞き取れない箇所は、通訳してくださったので、助かりました。

日本の武道なのに、会議は、全て英語で進行されます。

ですが、話している内容は、やはり、日本の武道の話。

『道』とは。
と、礼儀、筋を通す事の大切さを発言した方には、一同、拍手をして讃えました。

日本人の私は、胸にジーンときました。

その後、年次総会なので、決議を採る場面となりました。

何だか、嬉しそうな表情の会長。

私達は、前に行って、名前を書いた後、小さな機械を受け取りました。
「何、これ?」と質問したら、
「これから、説明するから。」という返事。

「会議を円滑に終わらせる為、今年は、このシステムを採用します!」と、アナウンス。

まずは、全員で、きちんと機械が操作されているか、チェック。
何だか、みんな、嬉しそう・・・。

確かに、例年より、閉会の時刻は早まったものの、
コスト面を考えると、来年もこのシステムを採用するのか、という疑問が。

とかく、硬い空気の流れる、英国剣道連盟の年次総会で、みんなが一体となって、数字に集中できたという事は、意味があったのかな?と、思いました。