奈良 おじぎをする鹿

初めて日本に来るイギリス人達の為に考えたオリジナルツアー。
東京から湘南、富士宮、そして京都に三泊した後、奈良に移動しました。

先日、岐阜県庁の方に、「奈良には、おじぎをする鹿がいるんですよ。」とうかがいました。
その時は、「冗談でしょう?」と信じなかったのですが、そう言ってしまった事を奈良で反省しました。

おじぎをする礼儀正しい鹿。
https://www.instagram.com/p/BpHV5_WBncY/

イギリス人達も、奈良に沢山の鹿がいる事に驚いている様子でした。

「京都とは違うね。」と話していました。

東大寺

春日大社

興福寺

奈良で、「少しの間、ツアーガイドを放棄してもいい?」と、イギリス人達に頼み、東大寺から近鉄奈良駅に移動しました。

墨運堂さんにうかがいました。

墨がどうやって作られているのか、紹介しています。

墨の資料館では、貴重な書道道具も展示されています。

奈良では、一泊しかしなかったので、時間が足りませんでした。
今度、日本に来る時には、奈良で二泊以上出来たらと思っています

初来日の英国人達に京都案内

初めて日本を旅行するイギリス人達の為に、京都での観光スケジュールをつくりました。京都に三泊する事にしました。

まず、滞在先として、旅館を提案しましたが、却下。
「東京から京都に向かう途中、旅館に泊まるから。姫路でも旅館に泊まるのに、京都でまで、旅館に泊まりたくない。」と、きっぱり断られました。

行きたい所を聞くと、『伏見稲荷』と即答。イギリスでも日本のガイドブックで、大きく取り上げられています。主人と私は、龍安寺に行きたいのと、金閣寺は見せておいた方がいいと考え、京都での訪問先をしぼりました。

龍安寺

石庭を鑑賞しようと、朝一番で出かけました。
静寂の中、鑑賞したかったからです・・・が、修学旅行の時季と重なり、ガイドさん達の説明とはしゃく声が交錯。
今回、学んだ事。
カメラ撮影はOKですが、石庭のスケッチをするのは禁止との事。

金閣寺

龍安寺から金閣寺まで、歩いて行きました。途中、回転寿司を発見。まだランチタイムには早かったのと、これから、他にも回転寿司屋さんがあるだろうと思っていたのが甘かった。「イギリスの回転寿司との違いを知ってほしいから。」と説得して、入っておけば良かったと後悔。

金閣寺でいい写真が撮りたいと思ったら、朝一番に行く事をお勧めします。私達は、龍安寺の後に行ったので、大勢の観光客がいて、油断して歩いたら、記念撮影の場所に入る事すら出来ませんでした。

金閣寺を正面から撮る事が出来る、こちらの場所は、多くの観光客であふれかえっていました。

良い写真を撮りたいと思ったら、多くの方々をかきわけ、一番前に出る事が出来るまで、じっと我慢。

伏見稲荷

外国人の間で、日本観光で、一番人気なのが、この伏見稲荷という記事を見ました。
沢山の鳥居があるという記事を読んでいたイギリス人達。

鳥居、鳥居。そして、また鳥居。

途中で休憩。坂の上で、京都を一望。

そして、また歩き。

いい運動をしました。

清水寺

清水の舞台を見せてあげたかったのですが、修理をしていて、このような状態になっていました。

中に入る事は出来ました。

清水の舞台の上からの眺望。

地主神社、音羽の滝。

八坂神社

八坂神社から産寧坂まで歩きました。

風情のある街並みを楽しんでくれたようでした。

書の看板の撮影も忘れずに。書道の稽古の時に、「日本に行った時に、気になった看板があったら、写真を撮ってきてくださいね。」と生徒さん達に伝えています。
仮名の読み方の勉強の時に、イギリスでこの写真を見せようと思っています。

京都在住の方から、餃子の王将を勧めてもらいました。京都に着く前から、「日本の食事はもういい。」と、拒否されるようになり、食事場所を探すのに苦労しました。この事情を伝えたら、「餃子の王将は?」と。

なんと、一号店でした。
しかも、座敷ではなく、掘りごたつ式。つまり、テーブル席。
今回、気づいたのは、彼らは、畳の上に座る事ができないという事。普段、イギリスで、武道の稽古をしている西洋人と一緒なので、私は、この事に全く気付かなかったのです。
日本料理は嫌。座敷は嫌。と、いう彼らに、私は疲れ果てていたので、
餃子の王将さんは、私を救ってくださいました。

餃子はもちろん、他の料理も気に入ってくれ、久しぶりに大喜びで食事をしてくれました。

餃子の王将さん。50周年おめでとうございます!

富士山 白糸の滝

イギリス人の義妹と友人達に頼まれて、初めての日本旅行の行程をつくりました。絶対に富士山を見たいとの事だったので、富士宮に宿泊しました。

前日に滞在した江の島から富士宮への移動で、義妹達は、初めて新幹線に乗りました。

せっかくなので、新幹線で駅弁を食べてもらおうと思い、弁当屋さんで、好きな駅弁を選んでもらいました。

富士宮での晩、焼きそばが食べたくて、鉄板焼き屋さんに行きました。

富士宮焼きそばの存在は知っていたのですが、食べたのは初めてでした。
とても美味しくて、イギリス人達もお代わりをしました。

次の日の朝、富士宮駅の近くから、富士山を裾野まで見る事が出来ました。
早起きして良かった!イギリス人達も大興奮。

静岡の報道機関にお勤めで、ロンドン支局にいらした
矢作 武寛 さんが、私達の為に、時間をつくってくださり、観光案内をしてくださいました。
富士山に車で連れていってくださいました。

富士山五合目で、頂上を見て、一同大興奮。

私達は、雲の上にいました。

相模湾を見下ろしました。

矢作さんは、富士山の近くの滝に連れていってくださいました。

白糸の滝

音止めの滝

滝の近くから富士山を見る事が出来ました。

山葵が販売されていました。山葵は静岡県の名産品という事を思い出しました。

白糸の滝から富士宮に帰る途中、ラウンドアバウトを通りました。

ラウンドアバウトを日本で見たのは初めてでした。日本で初めて、この場所に導入されたのだそうです。