Kangeiko of BKA Jodo-bu

‘2012/01’ カテゴリーのアーカイブ

英国剣道連盟杖道部Kangeiko 2012

2012/01/30

1月28日土曜日、英国剣道連盟主催のKangeikoに参加しました。

I attended the Kangeiko of BKA Jodo-bu on the 28th January.

なぜ、日本語でいうところの寒稽古を、Kangeikoと書いているかと申しますと、 英国では、Kangeikoの意味が違うのです。

I wrote Kangeiko in Romanji, because the Japanese for Kangeiko is 寒稽古 Practice in  the Cold (sounds hard). but in the UK, the Kangeiko has different meaning from Japan.

KangeikoのKanは、歓びの『歓』。 よって、歓稽古と書くのがふさわしい。と、初めて、英国剣道連盟主催の寒稽古に参加して、そう感じたのです。

I notice that as I attended the Kangeiko of the BKA Jodo-bu, I should write Kangeiko in Japanese 歓稽古 in the UK. 歓 means JOY.

実は、杖道部のKangeikoが行われた日、私は、去年から、新年会のお誘いを頂いていました。 ですので、お休みしようと考えていた訳ですが、前回のブログに書いたように、クリス先生から、明るい声で、 「Kangeikoに行くよね?!」と誘って頂いていたのと、英信館の新しいチームTシャツが出来上がったので、出来るだけ早く手元に届けたくて、参加する事にしました。

Actually on the same day, I was invited to attend the New Year Party from my friends, so I was thinking I should not go. But Mr. Buxton said to me in such a happy voice, ‘Will you go to Kangeiko?’ and we had just finished our Eishinkan (our Jodo Club) orginal t-shirts so I wanted to take one and show it, so I decided to attend it.

Kangeikoへの誘いは、facebookでも届きました。

I received the invitation from facebook.

英国剣道連盟では、事務連絡にfacebookを使っています。私は、以前、facebookに登録する事を頑なに、一年以上断っていたのですが、無名士剣道クラブのグループの管理人になってほしいと、チームメンバー達から頼まれて、しぶしぶ4年前に登録しました。

The BKA use facebook for telling people news and events. I did not want to use facebook but Mumeishi Kendo Club menbers asked me to be a moderator of the Mumeishi group, so I started to use it four years ago.

Kangeikoの前日、遅ればせながら、facebookに、Kangeikoに参加する旨を連絡し、 I am going to attend the Kangeiko, sorry but I have to leave… と、英語で書き込みました。全文英語で書かれたページだったものですから。

Before Kengeiko day, I comented on facebook that, `I am going to attend the Kangeiko, sorry but I have to leave before the finish…’in English as the facebook page is all writen in English.

すると、イギリス人の杖道部長から、 「問題ではございません。楽しんで下さい」と、日本語で返事が返ってきました。

Then I recieved the reply ‘No problem. Please enjoy` in very polite Japanese from the organiser who is British.

Kangeikoの会場は、ミルトンキーンズ。 ロンドンから車で一時間以上かかりました。 朝9時が開始時刻には、多くの方達が集まっていました。

The Kangeiko took place in Milton Keynes. It took over one hour to get there by car. But before 9 o’clock, there were many Jodo players already there.

開会式では、近くのスーパーなどが伝えられました。 これは、剣道講習会と同じ。

In opening ceremony, the teachers told about the nearest supermarket for lunch. This is same as Kendo seminar.

開会式の後、早速稽古開始!

After the ceremony, we started the practice!

単独動作を一つひとつ丁寧に解説して頂き、何度も繰り返し稽古しました。

The teachers taught us the Tandoku-Dousa (Alone moving) and we practiced it again and again.

最初の休憩時間。 In the first break time.

休憩時間の後、杖道形の稽古をしました。

After the break time, we practiced the Jodo Kata.

回り稽古。ローティションで、相手が代わります。

We did Mawari-geiko. We changed the partner in rotation.

ランチタイム。Lunch time.

持参したサンドイッチを食べていたら、ボクストン先生が、 「Yuki、このポテト食べた?美味しいよ! この豆もいけるよ! テーブルの上にあるから、持ってきて食べなよ。」と言ってくれました。

I ate my sandwich that I took, then Mr Buxton said to me,’ Did you try to eat the potatoes? It is nice! The beans are nice too! you should take some and eat.’

ボクストン先生が勧めてくれたポテトと豆は、これです。

Here are the potatoes and beans that Mr. Buxton recomended to me.

ビスケットとケーキ、チョコレートも美味しく頂きました。

I also ate biskets, cake and chocolate too.

午後の稽古が始まりました。

then We started the afternoon practice.

午後の稽古では、回り稽古ではなく、お互いに稽古をお願いして、自由にペアを組む事が出来ました。

In the afternoon practice, we could ask any partner ourselves, it was not rotation.

Jock先生が、丁寧に指導されていました。

Jock sensei tought her kindly.

このKangeikoでは、全ての参加者がフレンドリーに、知識を伝え合います。 私にとって、剣道と違って、体力的に倒れるほど疲れ果てるという事がありませんが、まだ初心者なので、技を思い出す事が大変で、精神的にとても疲れてしまいました。

I think that the kangeigko was good because everybody was friendly and tried to share their knowldge. It was difficult for me to remember the techniquies but not too hard physically.

英国剣道連盟杖道部が主催した、このKangeikoは、メンバーの杖道の知識を高める為、そして、お互いの友情を結ぶ為に、行われているのだと感じました。

I think the Jodo bu succeded in helping to increase their members knowledge and make friendships.

女性の凛々しい姿が目立ちました。

The ladies practiced very hard and showed the beautiful form.

午後の休憩時間。

The break time in the afternoon.

この休憩時間で、早退する為、先生方に挨拶し、休憩場所を通って、帰ろうとしたら・・・

I said good by because I had to leave there and I went through the hole…

女性達の嬉しそうな声を耳にしました。

I heard the voices of ladies.

英国のKangeikoでは、おしるこではなく、ケーキを食べます!

In the UK, we eat cake in Kangeiko! In Japan we eat Oshiruko that is race cake with sweet red beans.

私は、英国のKangeikoが好きになりました。

I like Kangeiko in the UK.

杖道寒稽古を早退し、直行で向かったロンドン中心地での新年会。英信館オリジナルTシャツを着て参加しました。

I attended the New Year Party in London. I wore the Eishinkan original t-shirts.

参加者のうち、私を含め、3人が杖道経験者!めったに杖道経験者に会う事はないのに、3人も!です。 しかも、1人は有段者。 この写真は、Mayuさんが撮影したものです。

There were three Jodo player there. The photoes were taken by Mayu.

私が着ている緑のTシャツに『英信』と書かれているのが見えるかと思いますが、Tシャツのフロントに 『英信館』と書き、バックには、英信館の指導者が、杖道をしている絵を描きました。そして、絵の隣に、私が杖道という文字と、描かれた杖道の技の名前を書きました。

You can see my t-shirts, the letters ‘英信’. I wrote our clubs name Eishinkan in Japanese;英信館 on the front, and in the back, paint and Jodo in Japanese ‘杖道’ and paint.

他のクラブの方達にも、作ってほしいというリクエストを頂き、これから、クラブ名を筆で書き、違う色のTシャツを作る事になりました。

I got an offer to make another club’s t-shirts, so I will write their club teams name in Japanese with brush.

バックのプリントは同じにして、フロントのクラブ名だけ書き、Tシャツの色は、それぞれのクラブのチームカラーで作ります。

The back design is same, I will write their clubs name and order their club’s colour.

Kngeikoに参加したお陰で、他の杖道クラブのオリジナルTシャツを作って差し上げる楽しみが増えました。

英国剣道連盟Kangeiko;歓稽古に感謝しています。

I thank the Kangeiko very much.

カテゴリー: イギリス | 編集 |   コメントはまだありません »

日本武道館での武道始め・おしるこ会

2012/01/20

 

今年の英信館での稽古始めでは、居合道の演武が行われました。 やっぱり、稽古始めは違うよなぁ、と嬉しく思いました。

稽古始めの後、パブでの話題は、今月末に行われる寒稽古について。 「Yukiも寒稽古に行くよね?」と、クリス先生。その、『寒稽古』と話す、声が嬉しそうで、違う意味の言葉に聞こえました。 「Kangeiko・・・やっぱり、歓稽古?」(歓稽古という言葉について、前回のブログに書いています)

「あの・・・、寒稽古、って言葉は、日本人にとっては、楽しく話す言葉ではないのですが。 私は、子供の時、『寒稽古に行けば、美味しいおしるこが食べられるよ!』という言葉につられ、それだけで寒稽古に行きました。 イギリスの寒稽古で、おしるこは出ないでしょうし、何を楽しみに寒稽古に行けばいいのか・・・」

と言うと、 「もちろん、稽古の後は、皆で楽しく飲むよ!」と、クリス先生。

すかさず、「何を飲むんですか?」と、期待しながら聞く私。

「ビアー!」

「・・・・・。」冗談でしょ?って、半信半疑で黙っていると、またしても満面の笑顔で、

「ビアー!!!」との返事。

イギリスでは、本当に、寒稽古の後もビールを飲むらしいのです。

黙っている私に、不思議そうな顔をして、見つめるイギリス人達。 「日本でも、当然ビールを飲むでしょ?」と、本気で聞いてきました。本気で、です。疑いなしに。

「寒稽古の後に飲むものって言ったら、日本酒に決まってるでしょ?! 日本酒!」 声を荒げて言ってしまいました。

日本武道館での武道始めの話をしましたが、皆、イメージがつかめない様子。

そこで、今回は、二年前と四年前に、私が日本武道館の武道始め・おしるこ会に参加した時の写真を掲載し、 どのような武道始めが日本で行われているのか、海外で武道をしている方々にお伝えしたいと思います。 (英信館のメンバーに、次回のブログに載せるから、見てね!と伝えてしまいました)

 

日本武道館では、開館以来、武道修業の出発にあたる念頭行事として、古式に則る鎧着初めを兼ねた鏡開き式が開催されています。

私が、成人してから所属した足立区錬心会では、毎年、この行事に参加しています。私は、子ども達の引率として、この行事に参加しました。

平成20年は、合同稽古会に参加したのですが、平成22年は、 もしかしたら、この武道始めに行くのが最後になるかもしれない、と考え、 全ての武道演武を見たくて、観覧席で見学しました。

合同稽古に参加すると、裏で準備しなくてはならないので、剣道の演武までしか見る事が出来ないのです。

 

この行事は、鎧着初めから始まります。

 

鏡開きにかかせない、大きな鏡餅。そして、樽酒が、武道館の中央に。

鏡餅を割っているところですが、後ろから撮ったので・・・

樽酒を割っているところ

後で、このお餅と樽酒がふるまわれます。

大勢の鎧着姿は圧巻です。

 

鎧着初めの後は、いよいよ、模範演武が始まります。

1.弓道

位置的に、私は的が見えなかったのですが、「オォーーーーー!」という大きな歓声が上がりました。

2.合気道

3.剣道

平成22年は、剣道とプログラムに書いてありましたが、杖道の演武でした。

平成20年の演武は剣道でしたので、まず、剣道の演武の写真を載せたいと思います。

 

平成20年の剣道の演武。お世話になっている 千葉仁先生の剣道形を拝見しました。

平成22年 杖道の演武。

 

4.柔道

 

5.少林寺拳法

 

6.銃剣道

 

7.空手道

↑女性とは思えない迫力。 私は、剣道を選んで良かった~と、思いました。

 

8.薙刀

薙刀は女性の武道と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、男性もいます。

 

9.相撲

 

《武道始め》

各武道の演武の後、大武道場を区切って、武道始めを行います。

剣道、柔道、合気道、なぎなた、少林寺拳法、銃剣道、空手、相撲の順に、面積が小さくなります。線が引かれていて、絶対に陣地をまたいではいけないのです。(と、指導されました。)

 

○剣道

 

○銃剣道

 

○空手

 

○少林寺拳法

 

○柔道

 

○薙刀

 

○合気道

 

○相撲

女性の姿も!

 

合同稽古の後は、待ちに待ったおしるこ会です!

4年前、合同稽古に参加した際、舞台裏で、大きな鏡餅を割っているところを近くで見ました。

おしること一緒にふるまわれる樽酒。

二年前は、稽古に参加しなかったのですが、先生方に、 「いいから、いいから。一緒におしるこ食べよう!樽酒もどうだ?」と、声をかけて頂き、 しっかり、おしるこ会から参加させて頂きました。

子供も大人も、皆仲良く、一緒におしるこを食べます。

このように、日本での稽古始め、寒稽古の後は、お餅、おしるこを食べます。 そして、大人は日本酒を飲む!しかも、日本武道館では樽酒! これが、基本です!!!

そういえば、英国人の某先生は、日本での寒稽古の後、美味しいビールが飲めると思っていたら、出されたのが、おしるこで、それ以来、おしるこが大嫌いになったそうです。

カテゴリー: イギリス | 編集 |   コメントはまだありません »

2012年稽古始め

2012/01/10

 

2012年が始まりました。 This is the start of 2012.

いよいよ、今年、ロンドンオリンピックが開催されます。 The year of the London Olympics has arrived.

ロンドンはとても活気づいています! London is exciting now!

イギリスで生活しているとはいえ、私は日本人。新年といえば、稽古始め。 I live in London, but I am Japanese. So on new year’s day, I think of the first practice of the year we call it “Keiko-hajime” .

武道の稽古始めは、3日の無名士剣道クラブでの稽古でした。 My first Kendo practice of the year was on the 3rd January 2012.

このブログが縁で、大阪からmasakoさんが出稽古にいらして下さいました。 Ms. Masako visited from Japan, Osaka prefecture, she had contacted me on this blog.

ホルト先生はじめ、無名士のメンバーが大歓迎。 Mr. Holt sensei and all Mumeishi Kendo Club’s member made her very welcome.

大阪で稽古をしていた サルマン先生は大阪弁でmasakoさんと話していました。 Mr. Salmon sensei has practiced Kendo in Osaka prefecture, and he talked in Osaka dialect with her.

皆、いい笑顔です! Everybody had a good smile!

稽古の後は、パブへ。 After the first practice, we went to the pub.

masakoさんのお土産、酢昆布に興味深々のホルト先生。 Holt sensei was interested in the vinegar seaweed snack which Ms. Masako took as a souvenir from Japan.

この後、「スッパーーーイ!」という期待どおりの表情をされたのでした。。。 After this picture, Holt sensei’s face showed how sour this snack was…

8日の朝は、今年2回目の無名士剣道クラブの稽古日でしたが、多くの子ども達にとっては、稽古始めとなりました。 The second practice of Mumeishi Kendo club was on 8th January, but for most of the children, it was their first practice in 2012.

子ども達の稽古は、稽古始めとはいえ、いつもと同じメニューで終了。 It was the first practice for the children, but it was a normal schedule.

というのも、クリスマス前の、稽古納めで、楽しいイベントを行ったからです。 However before Christmas, the last practice of 2011, we had an enjoyable event.

ここはイギリス。日本の伝統的な稽古始めより、クリスマスを重視しているのだと感じました。 Here is in the UK. Christmas is a more important than the first practice of the year as it in Japan.

クリスマス企画として、 ホルト先生が、子ども達に楽しい時間をプレゼントしたのです。 Holt sensei gave the children a happy Christmas event.

ゲームを行いました!しかも、賞品つき。 The children played games! And the prizewinners got presents.

盛り上がりました! We had an exciting time!

子ども達の友情が、一気に深まったのではないかと思います。 I think the games helped to increase their friendship.

ホルト先生・・・目隠しをしている男の子に案内しているのは、隣のスカッシュコートですが。。。 Hey Holt sensei・・・you are guiding the boy into the Squash court…

スカッシュ場に向かった友達を助ける子ども達。 The children are helping the boy who lost his way to the correct place.

ゲームの後は、大人の稽古。そして、大人のクリスマスイベントはパブにて。 After the children’s Christmas event, the adult members had a practice and went to the pub to have a Christmas meal.

日本だったら、毎年恒例の食事会といえば、稽古始めでのお餅と日本酒!ですが、イギリスでは、クリスマスという事で・・・ In Japan we have a meal at the new years practice and have rice cake and rice wine; Sake! But in the UK, we have the meal at Christmas time…

やっぱり、ビール。そして、このパブお勧めのタイ料理でした。 Of course, Beer! And we also had Thai dishes as they are the pub’s speciality.

 

ちなみに、これは、足立区島根剣友会での二年前の稽古始めの時の写真です。 By the way, the following pictures are taken in Japan two years ago at my local Kendo Club; Shimane Kenyuu Kai in Tokyo. I started Kendo at this Club when I was six years old.

島根剣友会では、毎年、稽古始めに、中島根小学校の校庭で、もち米を炊き、臼でつき、つきたてのお餅を皆で食べます。 Shimane Kenyuu Kai hold the meal after the first practice in the year. In the Nakashimane primary school’s ground we make a special rice for the rice cake, we cook the rice cake with an Usu, it is the traditional and special item in Japan, then we flavor  the cakes to different tastes and eat with all members; teachers, parents and children. It is a traditional event of the Japanese martial arts and everybody loves it! It is a special and enjoyable event for Japanese.

子どもの時から、変わらず、この餅つきを続けてくれている島根剣友会の育成会の皆様、指導者の方々に、心から感謝しています。 I am glad that Shimane Kenyuu Kai members continue the event every year.

小さい頃、剣友と楽しい時間を過ごした思い出は、今でも忘れる事が出来ません。 I have never forgotten the wonderful memories with my Kendo friends at this event.

島根剣友会では、9日の稽古始めに、今年も餅つきをしたとの事。私にも、「是非。」と、 メールを頂きましたが、参加する事が出来ず、残念でした! The Shimane Kenyuu Kai hold the event on yesterday, 9th January, so the teacher and a member contacted me, “Join us!” I am sorry but I could not!

 

イギリスでの稽古始めに代わる、昨年の無名士剣道クラブのクリスマスパーティーの写真に戻します。 Now, I would like to return to the pictures of the London Mumeishi Kendo Club’s Christmas Party. The Christmas Party in the UK is similar to our first practice of the new year party in Japan.

イギリスでのクリスマスに欠かせないクラッカー。 There are crackers, these are an important item of a Christmas Party in the UK.

両側を2人で持ち、強く引っ張ると、運の良い方に、真ん中の筒がついてきます。その筒の中に、お楽しみの品が入っているのです。 You should each take one end, and pull the cracker apart, the lucky person gets the middle part with the prizes in it.

下の写真の青色の紙が筒の中に入っていました。 Please look at the following picture, there is a blue paper prize in the middle of the cracker.

何かというと、 It Is A

ホルト先生が頭の上にのせている物です。 Please look at Holt sensei’s head, it is the blue paper.

そう、パーティで被る帽子です。 Yes, it is a paper hat for the Christmas Party.

皆、似合っていました。 Everybody looks nice.

という訳で、年頭の稽古始めには、特に何もしないイギリス。 So in the UK the reason there is no new year’s practice is because it happens at Christmas.

ちょっと寂しいな。と思っていたら、 I felt little sad but,

広島県から、Yokoyamaさんが出稽古にいらして下さいました。 The guest; Miss Yokoyama visited from Japan in Hiroshima Prefecture.

そして、この日から、新しいメンバーも加入しました。 And we welcomed a new member that day.

イギリスでも、冬場の稽古は、『寒稽古』と言いますが、ある方が、ローマ字で書かれたKangeikoを 『歓稽古』と書かれました。 「よろこぶ・けいこ」 Japanese call the winter season’s practice “Kan geiko” means Kan is “cold”(寒) , geiko means “practice”(稽古), so the British say the winter season’s practice “Kan geiko”. One Japanese who lives in the UK wrote the Kan geiko in Japanse (Chinese letters) “Kan”(歓) “geiko” (稽古). But the 歓 letter means “pleasure”.

まさに、2012年の無名士剣道クラブの稽古始め、そして、二回目の稽古;朝の部の稽古始めは、 「よろこびにあふれた稽古」 『歓迎・こ』でした。 Exactly the Mumeishi Kendo Club’s the first and second practices in 2012 were pleasure practices.

 

書道の稽古始めは昨日でした。 ピカデリーサーカスにある、日本クラブでの朝の部の稽古始めが、無事終了しました。

昨日、日本クラブで、 「書道の教室があるのですか?知らなかった!名刺を頂けますか?」と、声をかけて頂きました。

ひっそりと運営している書道稽古会。紹介制といいますか、おおやけに広報していないので、知り合いと知り合いの紹介まで、という形で行っています。 ですが、日本クラブのウェブサイトで紹介頂いたり、「もっと早く知っていれば・・・」と、おっしゃって頂いているので、このサイトで稽古の広報をしようかと考えています。

秘密の稽古会を行っている訳ではないので、このブログをご覧になって、稽古会にご興味のある方は、連絡頂けたらと存じます。

昨日の稽古始めにいらしたイギリス人の方が、「とても楽しかった!次回の稽古はいつ?」と、目を輝かせておっしゃって下さいました。嬉しく思いました。

イギリスでの日本文化交流を今後も続けて行きたいと思います。 明日の、日本クラブでの夜の部の稽古始めも頑張ります。

本年もこのブログ『初心醸人』をどうぞよろしくお願い致します。

カテゴリー: イギリス | 編集 |   4 件のコメント »