食欲の秋 in ウィーン

四泊五日のウィーンの旅。最終回は、『食欲の秋』編です。

ウィーンに着いた翌日、待ちに待ったTファミリーとの再会! Tファミリーは、イギリスでの剣道仲間です。二年前にオックスフォードから、ウィーンに引っ越しました。

待ち合わせてすぐに、ワイマールに連れて行ってもらいました。

Café Weimar

P10101501-300x225[1]

中で手を振っているのはMotomiちゃん。

ワイマールは、100年以上続くカフェなのだそうです。

P10101531-300x225[1]

ケーキの種類が沢山あって、悩む、悩む・・・。

P10101521-300x225[1]

Mちゃんに勧められて、ウィーンで最初に食べたケーキは、 ショーケースの右上に写っている、モーツァルト。

ちょっとお皿を動かしたら、

P12206561-300x225[1]

あらら・・・ という間に崩れてしまいました。それくらいやわかい!という事です。

P12206571-300x225[1]

2人が選んだケーキは、こちら。

P10101541-225x300[1]P10101561-225x300[1]

ケーキを前に、満面の笑顔の私。

cakes-198x300[1]

二つとも食べた訳ではありません!

店内で、「あれ?」と目にしたものは・・・

店員さんに聞くと、 「どこのカフェにも置いていますよ。」との事。 ビックリしました。

ワイマールで、カフェとケーキを堪能した後、 Tファミリーのご自宅にうかがいました。

T-Family-300x256[1]

Motomiちゃんが心をこめて用意して下さった手料理に感激。

スターターは、かぼちゃのスープ。

P10101571-300x225[1]

そして、メイン・・・

P10101581-300x225[1]

白いご飯を添えて下さったところに、感謝しました。やっぱり、日本人は白いご飯!

お肉を切り分けてくれているところ。

P10101591-300x225[1]

楽しい時間はあっという間に過ぎました。 日本への帰国が決まっているTファミリー。次回の再会は、日本かな。

ウィーンでの見どころ、食べどころを、たくさんTファミリーに教えて頂き、観光計画を立てました。

私にとって、一番の重要な計画は、 『ウィーンでザッハートルテの食べ比べ!』

この『ザッハートルテ』の商標をめぐり、 デーメルとザッハーが法廷で争ったという事を聞き、 「食べ比べをしなくては。」と思い立ったのです。

まず、向かったのは、ザッハーホテル。

P12207161-300x225[1]P12207301-300x225[1]

ザッハーホテルは、インフォメーションセンターの隣の建物の中にあり、改装中でした。

ザッハー

P12207291-300x225[1]

ザッハーでは、ザッハートルテを食べようと決めていたものの、他のケーキも魅力的。

P12207281-300x225[1]

でも、このホールを見たら、やっぱり、この、ザッハートルテが食べてみたい!という事で、私も主人も、ザッハートルテをオーダー。

アプリコットジャムがスポンジの間に挟まっています。 濃厚なチョコレート。泡立てた無糖の生クリームとの相性抜群。

一つ食べれば、大満足。

至福の時間を過ごしました。

P12207211-300x225[1]

デーメル

P12207071-300x225[1]P12208291-300x225[1]

店内に入ると、大きなショーウィンドウの中に、沢山のケーキが陳列されています。

P12208711-300x225[1]

ケーキの種類の多さは一番!と聞いていましたが、その数の多さに圧倒されました。

P12208331-300x225[1]P12208411-300x225[1]

P12208351-150x150[1]P12208361-150x150[1]P12208371-150x150[1]

P12208381-150x150[1]P12208391-150x150[1]P12208421-150x150[1]

ザッハートルテを食べようと決めて行ったのですが、心が揺らぎました。

私達は二階の席を進められ、店内奥の階段の方に歩いて行くと、厨房をガラス越しに見ることが出来ました。

P12208431-300x225[1]

店内は満員。長い行列。店員さんは、忙しそうに歩き回り、やっと席に着く事が出来ました。

席について、まず、店員さんが席にきて、飲み物のオーダーをとりました。

そして、「デーメルでも、メニューに『オリジナル』ザッハートルテ、と書いているのかな?」と思い、メニューを探したのですが、テーブルにメニューがありません。 誰も、ケーキのオーダーを取りに来てくれなくて、ジーッと待っていたのですが、しびれを切らして席を立ち、店員さんに声をかけました。

すると、「奥の部屋に行って、ケーキを選んで来て。」との事。

言われた通りの道順で、歩いていくと、

P12208501-225x300[1]

奥に、こんなスペースがありました。

三方向に、ケーキが並べられていて、その場で、ピックするようでした。

P12208461-225x300[1]P12208471-300x225[1]P12208481-300x225[1]P12208491-300x225[1]

私が行った時は、誰もいなくて、どうすればよいか悩んでいたら、店員さんが、お皿にザッハートルテを取って、「テーブルにお持ちします。」と言ってくれました。

運ばれて来たのは、このザッハートルテ。

P12208521-300x225[1]P12208531-300x225[1]

ザッハーホテルと違って、クリームがない。そして、控えめ?というか、小さい・・・。

ジャムは、表面のアイシングのすぐ下に挟まれていました。

P12208541-300x225[1]

ザッハーに比べて、ジャムの酸味が強いように感じました。それは、アイシングのチョコの味の強さに合わせているのかなぁ、と考えてみたり。

ザッハーに比べ、スポンジ生地が軽い分、ケーキの上が味が濃くて、全体的なバランスが取れていないような。

という理由から、ザッハートルテの食べ比べ。ザッハー対デーメルは、ザッハーに軍配! (個人的な意見です。)

主人が選んだのは、このケーキ。

P12208561-300x225[1]

とても美味しかった!

という訳で、今度、デーメルに行ったら、別のケーキを食べたいと思います。

もしかしたら、デーメルのザッハートルテは、他のケーキも一緒に食べる事が出来るように、大きさと、味を控えめにしているのかなぁ、と思いました。 ザッハーホテルのザッハートルテは、一つ食べたら、「もう十分です。」という満腹感を味わいましたが、デーメルのザッハートルテは、「あともう一つはいけます。」という、胃袋の余裕がありました。

帰りがけ、ゆっくりと厨房の見学をしました。

P12208611-300x225[1]P12208681-225x300[1]P12208691-300x225[1]P12208701-300x225[1]

そして、Tファミリーに、ウィーンで食する事を強く勧められたのが、 シュニッツェル。

早速、シュニッツェルを食べたのは、ナッシュマルクトにあるレストラン。

ナッシュマルクトのナッシュとは、『食道楽』という意味なのだそうです。 ここには、様々な食料品を売るお店と食べ物屋さんもたくさんあります!

東京の築地のような場所で、ここにあるレストランは、安くて美味しいのだそうです!

オーストリアのスープ Frittatensuppe

P12206361-300x225[1]

シュニッツェル!
Wiener Schnitzel

P12206391-300x225[1]

ウィナーソーセージ!
Wiener Style with Mustard and Fresh Rolls

P12206411-300x225[1]

ビールと一緒に、美味しく頂きました。

P12206351-300x225[1]

ウィーンでの最後の晩。 もう一度シュニッツェルが食べたくて、マッシュマルクトにある、別のオーストリア料理のお店に行きました。

シュニッツェルの形は、お店によって、違うみたいです。

P12208771-300x225[1]

ビーフの煮込み。

P12208761-300x225[1]

つけあわせも美味しく頂きました。

P12208801-300x225[1]

ナッシュマルクトのパブで、以下の文字を発見。

P12207641-300x225[1]

Hokkaido Soup。

P12207671-300x225[1]

かぼちゃのスープでした!

カフェやレストランでの会計の際、お店の方が持っているお財布に興味津々。 皆さん、このような蛇腹形のお財布を持ってきて、おつりをくれます。

P12207691-225x300[1]P12207681-300x225[1]

ウィーンには、素敵なカフェがたくさんあります。 疲れたら、カフェで休憩。

メランジュ。コーヒーと、温めた生クリームを混ぜたものです。

P12206471-300x225[1]

ホットチョコレートも美味!

P12209491-225x300[1]

ウィーンのあちこちで見かけるのが、ホットドッグのスタンド。

P10101331-300x225[1]P12207531-300x225[1]

アメリカで食べた、食べごたえ満点のホットドッグのイメージが強くて、 「食べたいけど、ホットドッグだけでお腹がいっぱいになりそう・・・。」と、敬遠していました。

でも、どこのホットドックスタンドにも大勢のお客さんがいて、どうしても気になって、近くに行って見てみたら、アメリカや日本の、コッペパンを切って、ソーセージを挟んだ ホットドッグと形が違うのです。

P10101361-300x225[1]

ウィーンの街を歩き回って、お腹をすかせてから、市立公園脇にある、このスタンドでホットドックを買いました。

P10102631-300x219[1]P10102641-300x225[1]

ひと口食べて、軽い食感に驚きました。

P10102661-225x300[1]

予想していたのと違う味。パンがサクッとしていました。 そして、ソーセージが美味しい!

ロンドンに帰ってきて、一番恋しいのが、ウィーンのソーセージスタンド。 ウィーンでは、どこに行ってもソーセージスタンドがあったのに・・・。

ウィーンの街を歩いていて気になったのは、林檎をかじりながら歩いている方達が多くいた事。 気づくと、宿泊した、ホテル ベートー・ベンのフロントに、このように林檎が置かれていました。

P12209541-225x300[1]

手に取って食べてみると、美味しい! イギリスの林檎は、食べない私ですが、この林檎は美味しくて、幾つか頂いて食べました。

毎日出かけた、ナッシュマルクト。

P10101441-300x225[1]P10104361-300x225[1]

お店で見かけた『日本語?!』の数々。

北海道。

P10104031-300x225[1]

豆腐。トッフ?

P10104101-300x225[1]

柿。

P10104141-225x300[1]

わさび。

P10104191-225x300[1]

椎茸がチタケ。

P10104111-300x225[1]

わかめ。

P10103991-300x225[1]

「わかめ?!」と叫んでしまったら、このお姉さんが味見してみて!と、わかめを食べさせてくれました。

P10104001-300x225[1]

なつかしい、日本の味がしました。 ウィーンにいらっしゃる方は、是非!

ザワークラウト。

P10104211-300x225[1]

ピクルスも。日本の漬物樽を思い出しました。

P10104201-300x225[1]

魚屋さん。

P10103951-300x225[1]P10103981-300x225[1]

お寿司も売られています。

P12206301-300x225[1]

八百屋さん。

P10104121-225x300[1]

果物屋さん。

P10104251-225x300[1]P10104161-300x225[1]

お肉屋さん。

P10104171-300x225[1]

パン屋さん。

P10104041-300x225[1]

前を通ると、チーズの香りが!
チーズ屋さん。

P10104061-300x225[1]

もうすぐ、ハロウィーン。
たくさんのパンプキン。

P10104321-300x225[1]P10104341-225x300[1]

そして、栗!

P10104261-300x225[1]

ナッシュマルクトに行けば、世界中の食材が揃う。と聞きましたが、本当でした!

P10104351-300x225[1]

ウィーンを離れる前に、最後に食べたのがジェラート。

P12209841-225x300[1]

イタリアの隣の国だから、ジェラートが美味しいですよ!と話してくれたMotomiちゃんの言葉に納得しました。

カテゴリー: Life

芸術の秋 in ウィーン

前回に引き続き、、今回は、ウィーンへの四泊五日の旅、
『芸術の秋』編です。

ウィーンに行くなら、絵画鑑賞をしよう!と、決めていました。
特に、オーストリアの代表的な画家、ダスタフ・クリムトの世界最大のコレクションを有しているベルヴェーレ宮殿には、絶対に行く。と、決めていました。

ウィーン中心地のリンクから遠いかな?と思っていたのですが、トラムに乗って、20分程の距離でした。
広大な敷地の中に、クリムトの絵画『接吻』『ユディット』を見ることが出来る上宮と下宮があります。

上宮

P10103131

下宮

P10103021

まず、チケット売り場でチケットを購入。上宮、下宮の共通券を買いました。

P10102861

クリムトの絵画『接吻』『ユディット』を鑑賞。
実物はやっぱり違います!

ベルヴェーレ宮殿まで来て良かった!と、感激しました。

上宮で絵画鑑賞を楽しんだ後、中庭を通り、下宮へ。

P10102871

庭はとても広く、坂を下ったところにある下宮が見えているのに、なかなか到着しません。

P10102881P10103121

下宮でも絵画を鑑賞した後、上宮に戻りました。

P10102931P10103101

宮殿を出た後、隣の公園を散策。

P10103151P10103161

P10103181P10103311

ベルヴェーレ宮殿に行く為に、半日を確保していたのですが、それでも足りないくらいでした。
でも、このトラムに乗って、ウィーンのリンクにすぐに帰る事が出来ました。

P10103341P10103351

共通券を買って鑑賞した、もう一つの場所は、
ミュージアム・クォーター・ウィーン。

P12208241P10009951

大きな広場の前に、
レオポルト美術館、クンストハレ・ウィーン、近代美術館、
の三つの芸術館があります。

レオポルト美術館には、クリムトの絵画が展示されているので、絶対に行こうと決めていました。
チケット売り場で、三館共通券がある事を知り、一日で使わなくてもいいとの事だったので、購入しました。

P12207891P10100531

レオポルト美術館。

P10100521

クリムトの『生と死』を鑑賞しました。
エゴン・シーレの絵画も数多く鑑賞する事ができました。

クンストハレ・ウィーン。

P12206941

ダリの特別展を見ることができました!
ダリの繊細で細やかな筆づかいをジッと見ました。
そして、筆で書いた、ちょっと大きめのサインが、とても印象的でした。

近代美術館。

P12208231

近現代美術館としては、オーストリア最大の美術館との事。

その奇抜な発想に驚く作品がありました。
タネをあかしてしまうと、これから行かれる方の楽しみを半減させてしまうと思うので、記述は控えます。

日本の芸術との違いを痛感したのが、この近代美術館でした。
法律を勉強する時に、絶対に学ぶ、『チャタレー婦人』。この言葉を思い出しました。
日本で学んだ倫理観から、レンズを向ける事も出来ませんでしたが、
「国によって、こうも違うんだ。」と、考えさせられました。
そういうところからも、芸術感が変わってくるのだと感じました。

アルベルティーナ美術館では、『クロード・モネ展』が開催されていました。

P12206671P12206651

睡蓮の絵が階段に。

P10102511

アルベルティーナ美術館は、宮殿を改装した美術館。
美術館の入り口には光がふりそそぎ、とても素敵でした。

P12206711

この素敵な美術館の売店で、発見したのが、このカード。

P12206701P12208741

日本のニコン?! 何だか、嬉しくなりました。

ウィーンでは、思いがけず、バレエ鑑賞もする事が出来ました。

鑑賞した場所は、
フォルクスオーパー。

P12206611

フォルクス;民衆 オーパー;オペラ。その名のとおり、気軽にオペラを楽しむ事が出来る、国民歌劇場。

剣道仲間のMotomiちゃんと待ち合わせたのが、この劇場の前のフォルクスオーパー駅でした。

P12206531P12206501

駅の左上に見えている建物がフォルクスオーパーです。

「このフォルクスオーパーでは、毎日違う演目が上演されていて、良く観に来るんですよ!」と、Motomiちゃん。

観光がてら、中に入って、その日の晩の演目を見たら、
バレエ『マリーアントワネット』

P10101831

「運がいいですよ!せっかくだから、観たら?!」という声に後押しされ、観る気になったものの、私の服装はジーンズにTシャツにスニーカー。

こんな服装で、と躊躇しましたが、
そこは、『民衆が気軽に楽しむ事が出来る歌劇場』。

チケット売り場の方も、私の服装を見て、
「大丈夫よ!」
という事で、鑑賞する事になりました。

席は、Motomiちゃんお勧めのボックス席。

P10101821

劇場の中。

P10101611P10101621

カーテンコール。

P10101651P10101671

民衆が気軽に歌劇を楽しむ。 という、ウィーンの気質を感じた後、ウィーン滞在最終日の夜に、また、感動する事がありました。

毎晩、国立オペラ座の前を歩いていたのですが、夕方になると、電光掲示板の前の椅子に腰かけている方が大勢いて、更には、マットなども敷かれて、座っているのです。

「何でかなぁ?」と思っていたのですが、謎が解けました。

P12209291P12209091

『Live』という文字を見て気づきました。

P12209221

P12209191

オペラ座の中に入らなくても、外でライブ映像を楽しむ事が出来るのです。

P12209271P12209241

皆、掲示板を眺め、拍手を送っていました。

この場の空気がとてもあたたかくて、優しい雰囲気で、ウィーンの最後の夜を楽しむ事が出来ました。

カテゴリー: Life

音楽の都 ウィーン

ウィーンに出かけてきました。

目的は・・・イギリスでの剣道仲間に再会する事!  2年前に、オックスフォードからウィーンに引っ越したTファミリー。ご夫婦で剣道をしています。 「ウィーンに来てね!」と言って頂いていたので、会いに行くのをずっと楽しみにしていました。

四泊五日の旅だったのですが、内容が盛りだくさんだったので、 『音楽の都』『芸術の秋』『食欲の秋』の三編に分けて書きたいと思います。

まずは、『音楽の都 ウィーン』

ウィーン国際空港から、CAT(シティ・エアポート・トレイン)に乗り、ウィーン・ミッテ駅まで約16分。

P12206221-300x225[1]

ウィーン中心地に到着!

P12206211-300x225[1]P12206231-300x225[1]

「外国に来たなぁ!」と、実感。 街並みがイギリスとは違います。

ウィーン・ミッテ駅から、ホテルまで、歩きました。

宿泊先はホテル・ベートーベン。

P12207611-225x300[1]

名前に惹かれて予約しました。

ホテル館内では、ベートーベンの音楽が流れ、グランドピアノも置かれています。

P12209511-300x225[1]

二階のカフェでは、いつでも、好きな飲み物を飲む事ができます。

P10104621-300x225[1]

パソコンも、いつでも使う事が出来ます。キーボードの並びが、違いました。

P12206481-300x225[1]

スタッフの方々も、とても親切で、ホスピタリティの高さを感じました。 もちろん、朝食の内容も充実!

ウィーンの旧市街は、一周約4キロメートル。この一周の事をリンクと呼んでいます。リンクの中には、見どころがギュッと固まっていて、毎日、歩いて散策したら、ほとんど全域を見て回る事が出来ました。

リンクの中には、多くのモニュメントがあります。

ウィーンに到着して、一番最初にご挨拶したのは、ベートーベン像。

P10009801-300x225[1]

王宮庭園のモーツァルト像。

P10103381-225x300[1]P10103441-225x300[1]

シューベルト像。

P10102671-225x300[1]

ヨハンさんは、休養中でした。

P12209691-300x225[1]P12209711-300x225[1]

9月中には修復が終わるとの事です。

・・・と思ったら、ヨハンさん、こんなところにいらっしゃいました。

P10102701-300x225[1]

修復期間にも、ウィーンのワルツ王の相応しい雰囲気とモチーフを提供する為に、オリジナルのモチーフを作ったのだそうです。

ゲーテ像。ウィーンとの関係はないけど、リンクを 挟んだシラー像を設置するに当たって設けられたそうです。

P100098511-225x300[1]

という訳で、ゲーテの盟友;シラーの像。

P10009881-225x300[1]

シラーは、ベートーベンの交響曲第9番「合唱付き」の原詩を書いた方。と知り、この場所にモニュメントがある事を納得。

劇作家のフランツ・グリルパルツァー像。

P10103791-300x225[1]

画家のハンス・マカンツ像。

P12207311-225x300[1]

彼は、ハンス・マカンツを敬愛しているのでしょうか・・・。

ホーホシュトラール泉。

P10102781-300x225[1]P12207421-225x300[1]

マカンツ像にいたカップルと何故か、また会いました。

P122073811-300x225[1]P12207371-300x225[1]

修復中のシュテファン寺院。

P10101291-300x225[1]

モザイク屋根が綺麗でした。

P10102571-225x300[1]P10102581-225x300[1]

後ろに写っているのは、ヴォティーフ寺院。

P10101041-225x300[1]

国会議事堂。

P10100571-300x225[1]

議事堂の正面には女神像。

P10100591-300x225[1]P10100821-225x300[1]

市庁舎。

P10103701-300x225[1]

マリア・テレジア像。

P12206951-300x225[1]P10009911-300x225[1]

マリア・テレジア像の両側には、
自然史博物館。

P12206971-300x225[1]

フロイトが学んだ大学です。

国立オペラ座。

P12209611-300x225[1]

ウィーン交響楽団の本拠地
コンツェルトハウス。

P10009811-300x225[1]

散策中に、日本大使館も発見。何故だか、ホッとしました。

P10101101-225x300[1]

道に迷った時、ツアーリストセンターにお世話になりました。

P12206661-300x225[1]P12206771-225x300[1]

「ザッハートルテのザッハーホテルは何処ですか?」 と訊いたら、 「隣の建物よ。」 と、教えてくれました。

ウィーンでは、トラムが、市民の足として活躍しています。

P10101071-150x150[1]P10103661-150x150[1]P12209651-150x150[1]P10100761-300x225[1]P12207411-300x225[1]

観光客には、観光馬車が人気。

P12206841-225x300[1]P10103651-300x225[1]P10102171-300x225[1]P10102121-300x225[1]

風景に溶け込んでいました。

P10100781-300x225[1]

散策をしている時に、気を付けなくてはいけないのが、自転車。

P12207441-300x225[1]P10101401-300x225[1]

歩道と自転車道が分かれていて、自転車は、かなりのスピードで駆け抜けていきます。

P10101411-300x225[1]P12209661-225x300[1]P12209681-225x300[1]P12209671-300x225[1]

ウィーンでも、レンタル自転車が置かれていました。

P10101381-300x225[1]P10102591-300x225[1]

マツダ車のタクシー。

P10101211-300x225[1]

パッと見ただけでは、タクシーとはわからなかったです。

移動する際、地下鉄も利用しましたが、とても綺麗で快適でした。 この建物は、地下鉄の駅です。

P10102821-300x225[1]

カールスプラッツ駅。

午後一時ごろの気温は23度。

P10103331-300x225[1]

ロンドンよりも暖かい・・・というか、日中は暑いくらい。

嬉しかったのは、ウィーンでは、まだ、美しい花を見る事が出来た事。

P10100911-150x150[1]P10100841-150x150[1]P10100851-150x150[1]P10103201-150x150[1]P10103211-150x150[1]P10103861-150x150[1]

花時計。

P10102691-300x225[1]

後ろに写っているのは、クーアハウス。

穏やかな天候だったので、夜も薄着で歩く事が出来ました。

P10101901-300x225[1]P10101981-300x225[1]P10102011-300x225[1]P10102041-300x225[1]

大勢の人の向こう側から聴こえてきたピアノの音色。

P12208861-300x225[1]P12208881-300x225[1]

このような場所で、ピアノの演奏を聴いたのは初めてでした。

ピアノ以外の演奏も、あちこちで。

P12208901-300x225[1]

「ウィーンでは、どこに行っても音楽が聴こえてきたよ。」と聞いていましたが、本当でした!

ロンドンに戻ったのは、ちょうど土曜日。マーケット開催日でした。

P10104571-300x225[1]P10104481-300x225[1]

活気にあふれていました。

最後に番外編ですが、オーストリアでも、『クイズ・ミリオネア』が放映されていました。イギリスでも放映されています。

P10103891-150x150[1]

カテゴリー: Life