英国剣道連盟居合道講習会

7月29日から8月2日まで、英国剣道連盟が主催する杖道・居合道講習会がスティーブニッジで開催されました。私は最終日の8月2日にお手伝いとして参加しました。

P1220223-300x225[1]

日本人の先生方6名、そして、英国人の先生方が指導されました。
10時から講習会開始。全員が整列し、先生方と挨拶。

P1220176-300x225[1]

段位と流派にグループ分けされ、各グループに担当の先生方がつきました。

P1220158-300x225[1]P1220159-300x225[1]P1220160-300x225[1]P1220166-300x225[1]

私は、参加者の方々が刀を持っている時間に、筆を持っていました。 『英国剣道連盟』小さい字で何枚も書きました。「これで書いて!」と、筆ペンを見せられた時は、正直ビックリしました。英国とはいえ、剣道連盟は、筆を常備しているんだ!と。

日本でご挨拶させて頂いた 石堂倭文先生と再会し、休憩時間に話しかけて頂きました。

P1220168-300x225[1]P1220172-300x225[1]

12時半に講習会終了。
閉会式の後、記念写真を撮る事になりました。

P1220177-300x225[1]

緊張していた空気が緩み、皆、笑顔になりました。

P1220180-300x225[1]

人数が多すぎて、並ぶのが大変!

記念写真を撮った後、石堂先生のお話を皆で聞きました。

P1220196-300x225[1]

講習会を終えた後は、ランチタイムをはさみ、午後2時から級・段審査が始まります。
受審者は、すぐにランチタイムを終え、稽古をしていました。

P1220211-300x225[1]P1220222-300x225[1]

審査会場は2つ。テーブルと椅子が並べられました。

P1220214-300x225[1]

審査が始まると、不思議なくらい、会場全体の空気が変わりました。
イギリスにいるとはいえ、日本の武道館で感じた、あの空気と同じでした。

P1220219-300x225[1]

居合道の不思議な力を肌で感じました。