The Longines Royal International Horse Show 2011 in Hickstead

イギリスで、100年以上続く伝統あるホースショー、ヒックステッドホースショーに行きました。

P1220050-1024x768[1]

スポンサーはLongines。この大会は、The Longines Royal International Horse Showと呼ばれています。

まず、向かったのは、ドレスコードを着ての馬場馬術;Dressage Mastersの練習場。

P1220037-225x300[1]P1220035-300x225[1]

キリリと髪を結んだ凛々しい女性達が、大会に備えて練習していました。

会場の中には、大きな障害飛越競技場があります。大きなスタンドが二つ建てられていて、多くの人々が観戦する事が出来ます。

P1220044-300x225[1]

私達もスタンドに座って障碍馬術;Show Jumpingの大会を見ました。

P1220041-300x225[1]

馬場や競技場の他でも、多くの競技が行われていました。

P1220053-300x225[1]P1220064-225x300[1]

女性と子供達に人気だったのは、可愛いホース;minature horseのコンテスト。

P1220054-300x225[1]P1220056-300x225[1]

あと一か所、子供達に人気があったのは、ちょっと大きな子供達が参加している競技場。

P1220079-300x225[1]

観客の歓声が一番大きかったのは、ポニー馬車;Scurry Drivingの競技場。

P1220092-300x225[1]P1220099-300x225[1]

ポニー二頭が引っ張る馬車に二名が乗ります。馬車が急カーブを描いて、コーンの間をすり抜けると、大きな歓声。

P1220087-300x225[1]P1220091-300x225[1]

途中、乗っていた2人が宙に浮き、馬車から転倒。その後、ポニーの走りは加速し、制止する人達を振り切り、柵を壊して数周走り回りました。

P1220095-300x225[1]

やっとポニーの走りを止めた時には、会場から拍手喝采!

Scurry Drivingの上位入賞者は、後で、障害飛越競技場でも滑走していました。

P1220103-300x225[1]P1220108-300x225[1]

ヒックステッドホースショーの会場の中には、スクリーンに大きな映像が映し出され、ライブ映像を見る事が出来ます。

P1220117-300x225[1]

芝生の上で、映像を見ながら、くつろいでいる家族がたくさんいました。

ホースショーを見るだけではなく、芝生の上でピクニックをしたり、練習風景を見たり、お店を見て回ったり、美味しいものを食べたりと、皆がくつろいで、休日を楽しんでいました。

P1220074-300x225[1]P1220071-300x225[1]

乗馬が趣味の主人と仲間達は、毎年、このようなホースショーに出かけています。皆、ホースソサイエティの会員なので、入場料は無料なのです。ホースショーに出かける事は、年間行事になっているようです。

イギリス人達の夏の行事と言えば、ラベンダーピッキングを外す事が出来ません。 ロンドン近郊には、幾つかのラベンダーの名所があり、皆、ラベンダーピッキングを楽しみにしています。 その名所の一つCarshaltonのラベンダー畑に連れて行ってもらいました。

連れて行ってくれたのは、アロマテラピストのNoriko Flanaganさん。ヴィクトリア駅から列車とバスを乗り継ぎ、道案内を見ながら歩いて行くと・・・

P1220147-225x300[1]P1220148-300x225[1]

ラベンダーの香りが!!!

P1220122-300x225[1]

このラベンダー畑。入場無料なのです。自分達で持ってきたはさみで、自由にピックして、スタッフの方に値段を決めて頂き、払います。
まずは、Norikoさんの説明を聞く私達。

P1220123-300x225[1]P1220125-300x225[1]

そして、無心になりピッキング!!!

ラベンダーの香りに癒され、気持ちがだんだん落ち着き、そして、楽しくて、心がウキウキしてきました。

すると、ゴォー!という凄い音が・・・

おじ様達が、ラベンダーを一斉に刈り込んでいました。

よく見ると、おじ様達の後ろのラベンダーは、刈られてしまったようで、お花がありません。

豪快な刈りっぷりに、しばし見とれた後、ピッキング再開。 私は、片手がいっぱいになるくらいの束を持ち帰りました。代金£2也。

畑の横には、イベント会場が設けられています。

P1220121-300x225[1]P1220140-300x225[1]

ラベンダー製品も売られていました。

P1220142-300x225[1]

お土産にと、商品を幾つか買いました。

帰り道、私達が動く度にラベンダーの香りが漂いました。多くの方々が振り返って、満足気な表情の私達を見て微笑んで下さいました。 「来年も行こうね!」皆、そう言って、解散しました。

P1220137-300x225[1]