日本で書道と剣道

今回の帰国は、あっという間に時間が過ぎてしまいました。 短い期間ではありましたが、中身の濃い、充実した時間を過ごしました。 そして、日本で書道と剣道の稽古が出来た幸せを改めてかみしめました。

日本滞在の後半、自分の原点を振り返る再会、そして旅をする事が出来ました。

2月19日、ロンドンから来ていたレベッカを成田空港で見送った後、 中学・高校時代の剣道部の先輩方、後輩達と再会しました。

私のスケジュールの合間に、後輩達が計画してくれたのです。

P1200503-300x225[1]

急な日程設定にも関わらず、集まって下さったのは、三学年上の男性の先輩方。 そして、二学年下の後輩達、四学年下の後輩でした。 私は、某大学付属の男女共学の中学・高校に通ったのですが、剣道部は男女・中高合同でした。

私は、6歳で剣道を始めましたが、小学6年生の時に、中学受験を理由に剣道をやめました。

中学二年生になる時に、剣道の先生から、 「同い年の友達が、皆、初段を受けるから、剣友会に戻って来なさい」と声をかけられ、また剣道を始めました。 結果、初段に合格する事が出来ました。

担任が体育教師だったので、剣道初段に合格した事を話してしまいました。

すると、次の日から剣道部の勧誘の嵐。 毎日、いえ、毎時間ごとに一学年上の女子の先輩方が勧誘に来たのです。 「試合の時だけでいいから。試合に出てくれるだけでいいから。」

私は書道部に入っていたので、丁重にお断りました。

それでも、「剣道場に見学だけでもいいから来てほしい。」と懇願され、 根負けして、剣道場を見に行く事になりました。

その時、剣道場の入り口にいたのが、宝田太郎先輩です。 三学年上で、当時は高校二年生。とっても大きくて、威圧感満点。

「入部するの?」聞かれ、「いえ。」と強気で答えたのを覚えています。

でも、女子の先輩方が、私の事を「剣道初段」と紹介すると、 笑顔で話してくれました。

男子高校生と一緒に稽古をする事が出来る剣道部に魅力を感じ、 この時から、剣道部に入部するか考え始めたのです。

結局、仮入部する事になり、剣道場で出会ったのが、 宝田先輩と同学年の興梠精孝先輩。

私が赤胴をつけていたら、「赤胴鈴之助!」と声をかけてくれました。

普段は優しいけど、剣道の稽古の時はめちゃくちゃ厳しかった2人の先輩。 でも、その指導のお陰で、私は剣道の楽しさを思い出し、 結果、剣道部に入部し、剣道場に戻る事になりました。

そして、高校一年生の時に、二段に昇段。 二段に昇段した後、足を怪我し、何針も縫い、松葉づえで登校しました。

両親からは、「もう、剣道はやめなさい。」と言われ、私もそう考え始めました。 でも、何故か剣道が好きで、剣道を続けていました。

高校二年生の時、今度は手を怪我し、やめようかと考えていた時に、入部してきたのが、 当時中学一年生の千春ちゃん。とても可愛くて、住んでいるのも同じ方向で、 部活の後、一緒に帰るのが楽しみになりました。

それで、剣道部に残りました。

進学校であった為、高校三年生になると、同級生達が部活から離れていきました。 でも、私は、大きな目標が出来たので、剣道部を離れませんでした。

その目標は、剣道三段に昇段する事。 高校三年生で剣道三段に昇段した興梠先輩を目標としていたのです。

審査を前に、怪我が悪化し、剣道部をやめようかと悩んだのですが、そんな時、入部してきたのが 高校一年生の志奈ちゃん。とてものびのびとした、いい剣道をする女の子でした。 後輩達と一緒に剣道をするのが楽しくて、剣道を続けていました。

そして、高校三年生の春に、剣道三段に昇段しました。

中学・高校で、素敵な先輩方、後輩達に出会わなければ、今の私はない。 そう思っています。ですから、皆とこうして再会する事ができ、とても嬉しかったです。

ただ一つ・・・私が、ものすごく怖かったと思っていた先輩方の前で、私の事を 「怖かった!」と言ってくれた後輩諸君。 そんなに怖かったかね?悪かった・・・。

この出会いの数時間後、新幹線で京都に向かいました。 2月20日まで京都国立博物館で開催されていた特別展覧会「筆墨精神―中国書画の世界」を観に行く為です。

P1200505-150x150[1]P1200508-150x150[1]P1200512-150x150[1]

師匠に初めての書道の稽古を頂く前、連れて行って頂いたのは、書道展でした。

本物の書を見る事。そして、「じっくり鑑賞して勉強しなさい。」と教えられました。 書道展にも何度も連れていってもらいました。

イギリスではこのような書道展を観る事は出来ない!と思い、京都に出かけたのです。

王羲之、呉昌碩の書を、じっくりと時間をかけて鑑賞しました。 素晴らしさを肌で感じました。本も購入してきました。

P1200517-150x150[1]P1200518-150x150[1]P1200520-150x150[1]

入門した時には、書を見ても、良し悪しがわからず、 全部の作品が同じ様に見えてしまう時もありました。

ですが、数多くの書道展に行くうち、師匠から観方を教えてもらううちに、 だんだん書の観方がわかってきたように思います。

この感動をイギリスに持ち帰り、そして、これからも書を勉強しようと決意しました。

京都に日帰りした翌日。山形に行きました。この日も日帰り。 従妹に連れていってもらったのは蔵王。

P1200547-300x225[1]P1200550-300x225[1]

今年は、例年に以上に雪が積もっているとの事。地蔵様もこの通り。

P1200534-300x225[1]

よって、例年より、樹氷が大きくて立派なのだそうです。

P1200537-300x225[1]

素晴らしい樹氷を見る事が出来ました。

P1200569-300x225[1]P1200564-300x225[1]

晴天で、見晴らしも最高!

P1200562-300x225[1]

P1200546-300x225[1]

真っ白な樹氷を見て、心が洗われるようでした。 この樹氷をまた見に来たい。と思いました。

2月25日には、昨年、ベルリンでのイベントでご一緒させて頂いた、太鼓奏者の茂戸藤浩司さんと再会しました。 ベルリンで、「日暮里に美味しいメンチを売っているお店がある。」と教えて頂き、その時から、 「日本に帰ったら、日暮里にメンチを食べに行こう!」と決めていたのです。 お忙しい合間をぬって、案内してくださいました。

P1200599-225x300[1]

二軒のメンチを食べ比べ。どちらも美味しい!。

P12006001-150x150[1]P1200601-150x150[1]P1200605-150x150[1]

そして・・・茂戸藤さんはビールを飲みましたが、私はこの後、書道の稽古の依頼を頂いていたので、お茶を。

P1200606-300x225[1]P1200609-300x225[1]

お日様の下で、下町を満喫しました。 日本で再会する事が出来て、とても嬉しく思いました。 書道をしているからこそ、茂戸藤さんとベルリンで出会う事ができ、貴重なお話をうかがう事が出来ました。

日暮里を出てから、書道の稽古の為、向かったのは、ホテルオークラ。 雛人形が飾られていました。

P1200613-300x225[1]

日本に生まれた事。日本で書道、剣道に出会い、休みながらも続けてこれた事に感謝しています。

明日の便でロンドンに帰ります。

剣道審判講習会

日本に帰ってきて、どうしても出席したかった講習会。審判講習会に出席しました。 私は、ロンドンに行く前、長い間剣道をやめていました。20代で四段に昇段した時に、審判講習会、そして指導者講習会も受講し、審判、指導をしていたのですが、ブランクが大きく、自信がないのです。

イギリスでは、審判を頼まれ、断る事は出来ません。2008年には、無名士剣道クラブの英国人の先生から依頼を受け、オランダまで審判をしに行きました。伝統ある、オックスフォード対ケンブリッジの試合でも審判をさせて頂きました。ですから、日本で、きちんと学び直したかったのです。

昨年まで所属していた剣道連盟が主宰する審判講習会に出席しました。

講習会が始まる前に、子供達と記念撮影する先生方。184297_1793772011337_1450794437_1961214_4878889_n12-300x225[1]

開会式では、正確に判定する事。有効打突の見極めをする事。所作についてのお話がありました。

審判講習会といえども、まずは準備体操から。

183382_1793771851333_1450794437_1961213_2360564_n11-300x225[1]

左足の痛みを感じなくなっていたので、すっかり怪我の事を忘れ、跳躍をしたら・・・ズキっと痛みが走りました。大人しく、準備体操を見学する事にしました。

審判講習は、まずは子供の試合から。基本の部の子供達。防具をつけた小学生。

190664_1793772331345_1450794437_1961217_4446773_n12-300x225[1]183517_1793772091339_1450794437_1961215_7631999_n11-300x225[1]

そして中学生。

189414_1793772731355_1450794437_1961224_4335194_n11-300x225[1]

続いて、講習を受講している大人同士の試合となりました。

188936_1793773491374_1450794437_1961229_4468653_n11-300x225[1]

指導担当の石黒先生が、試合を中断し、
「今の面はどうですか?」と、皆に質問し、皆がそれぞれの考えを述べ、有効打突の確認をしました。

190565_1793772851358_1450794437_1961225_3229484_n11-150x150[1]183140_1793775811432_1450794437_1961252_3997211_n11-150x150[1]185972_1793773291369_1450794437_1961228_2157743_n11-150x150[1]

所作についても丁寧に指導して頂きました。 歩き方、旗の持ち方、そして、旗を持つ角度。

190570_1793773611377_1450794437_1961230_6204686_n11-300x225[1]

皆で確認する事によって、より深く勉強する事が出来ました。 イギリスで、指導して頂いた事をいかしていきたいと思います。

 

ロンドン書道クラス同窓会・修学旅行

2月12日にレベッカが来日しました。レベッカは、 ロンドンで、書道クラスを開講する機会をくれた恩人です。 レベッカの自宅で、書道クラスを開き、多くの方が参加して下さっています。 そのメンバーのうち、私とマリナさんが日本に里帰りしているので、 レベッカも日本に来る!と言って、私達の後を追いかけるように来日しました。

レベッカは、いつもギッチリのスケジュールをこなしているからか、 忙しいのが当たり前となっているようで、 無茶とも言えるスケジュールを計画しました。 そして、何故か、私が秘書の役割に。

12日の10時30分に成田空港到着。 すぐに武蔵小杉に移動して、生け花のお稽古。 その後、新宿に移動して私の大学の先輩方との飲み会に参加。 その後、我が家に帰宅。次の日は朝から大阪に移動。 大阪で、ロンドン書道クラスの仲間達と再会。そして観光。 夜は奈良に移動して宿泊。と、こんな感じのスケジュール。

私は、レベッカが来日した12日の前夜、 恩師の古稀祝賀会に出席したので、体力勝負の毎日でした。

レベッカ来日初日。成田空港までお出迎え。13263323_1006281490_159large1[1]

次の日、レベッカは、ロンドン書道クラス仲間達と大阪で感激の再会。 大阪を案内して下さったのは、レベッカの親友、ミキちゃん。 そして、奈良の橿原ロイヤルホテルに宿泊。 楽しみにしていた温泉につかって、大満足のレベッカでした。

レベッカ日本滞在三日目の朝。皆で橿原神宮に行き、お参りしました。

13263323_1006281486_129large1-150x150[1]13263323_1006281484_158large1[1]13263323_1006281477_174large1-150x150[1]

参道を後に、橿原神宮駅に向かうと、チラチラと雪が舞ってきました。
雪が降る中、レベッカは立ったまま、行動記録を手帳にメモ書き。

13263323_1006281475_226large1-300x225[1]13263323_1006281472_144large1-225x300[1]

橿原神宮から、次の目的地、三輪神宮に向かう車中、三人娘は、
修学旅行中のように、はしゃぎっぱなし。微笑ましい光景でした。

13263323_1006281468_224large1-150x150[1]13263323_1006281467_189large1[1]

三輪神宮に着くと、大雪。でも、せっかく来たのだから、と、お参りしました。

13263323_1006281359_201large1-300x225[1]13263323_1006281348_63large1-150x150[1]

13263323_1006281342_45large1-150x150[1]13263323_1006281365_31large1-300x225[1]

三輪に行く、もう一つの目的はお素麺!!!

ロンドンにいる時から、ミキちゃんが、 「三輪の素麺は美味しい!」と言っていたので、絶対に食べて帰らないと!と、 決めていました。

行ったのは、三輪神宮の近くの千寿亭。庭園も雪で真っ白。

13263323_1006281304_87large1-150x150[1]13263323_1006281277_180large1[1]13263323_1006281301_202large1-150x150[1]

大雪で寒かったのですが、注文したのは冷たいお素麺。
ミキちゃんの一番のお勧めの品です。そして、温かいお素麺も。
一番目を楽しませてくれたのは、五色そうめん。
そして、これも、ミキちゃんお勧めの、柿の葉寿司を注文しました。

13263323_1006281296_67large1[1]13263323_1006281293_245large1-150x150[1]13263323_1006281291_74large1-150x150[1]

食事をしている時、店主から話しかけられました。 「大変恐縮ですが、お会計を先によろしいでしょうか。」と。 閉店時刻が近いのかと思って「すみません。急いで食べます。」と申し上げると、 「いえ、ゆっくりして頂きたいのですが、 この雪で、従業員を先に帰らせたいものですから。」との事。

会計の後、「気持ちです。」と、おっしゃって、デザートをご馳走して下さいました。 そして、お土産まで。私達は、この店主の優しさをとても嬉しく思い、 お礼を申し上げました。

千寿亭で、胃袋も心も満たされた後、電車に乗って、 宿泊先の志摩磯部駅に向かいました。 レベッカに内緒にしていた、サプライズが待っている志摩ロイヤルホテル。 私達は、早くレベッカが喜ぶ顔を見たくて、ワクワクしていました。

ですが、どんどん雪は降り続け、予期せぬ事態に。 なんと、電車が止まったのです。動いては止まり、 そして、動いては止まりを繰り返し、 その後、完全に立ち往生してしまいました。

凍りつく私達。こんな時に飲み水を持っていなくて、後悔。 体力も気持ちも弱ってきました。途中の駅で降りて、 宿泊先変更しようかと、頭をよぎりましたが、 でも、どうしてもレベッカが喜んでくれる伊勢にたどり着きたい。 結局、深夜にホテルにたどり着きました。

フロントにレベッカが近づかないよう、皆で気を付けて、 ドアのプレートを見せないように気を付け、 いよいよ、部屋をレベッカに見せる時がきました!

ミキちゃんが先導して、部屋の中に。 レベッカの歓喜の声。

13263323_1006281164_222large1-300x225[1]

それは・・・ハローキティルームでした。
キティが大好きなレベッカの為に、内緒で計画したサプライズ。
レベッカの喜びようといったら。
この写真を見て頂ければわかるかと思います。

13263323_1006281154_177large1-300x225[1]13263323_1006281116_76large1-150x150[1]13263323_1006281115_163large11-300x225[1]13263323_1006281063_184large1-150x150[1]13263323_1006281102_135large12-300x225[1]13263323_1006281123_25large1-150x150[1]

キティルームを見て大感激のレベッカ。深夜だというのに、
「皆で晩御飯を食べに行こう!」と、日本料理を食べに行きました。
日本酒で乾杯。そして、次々と注文するレベッカ。
私達は彼女の勢いに押されました。
お料理に興味津々のレベッカ。

13263323_1006281078_225large1-150x150[1]13263323_1006281101_92large1-150x150[1]

夜は温泉につかり、ゆっくりと休みました。

朝は、伊勢ロイヤルホテルのバイキング。景色を楽しみながら、和食に舌鼓。

13263323_1006281066_28large1-300x225[1]

食事の後、キティとの別れを惜しみ、記念撮影。

13263323_1006281060_153large1-300x225[1]13263323_1006281054_239large1-300x225[1]

行ってみたい!と、言っていたミキモト真珠島に立ち寄りました。

13263323_1006280988_57large1-225x300[1]13263323_1006280995_142large1-300x225[1]

ちょうど、海女さんの実演があり、見学。

13263323_1006281015_98large1-150x150[1]13263323_1006280847_72large1-150x150[1]13263323_1006281023_186large1-150x150[1]

そして、記念館で、真珠について、学びました。

13263323_1006281011_209large1-300x225[1]

エリザベス女王も、このミキモト真珠島を訪れたそうです。

13263323_1006280996_59large11-300x225[1]

次の目的地は伊勢神宮。午後から向かったので、大急ぎでの移動となりました。

まずは内宮から。

13263323_1006280977_147large1-300x225[1]

ちょうど、撮影が行われていました。

13263323_1006280975_194large1-300x225[1]

「道を開けて下さい!」と、スタッフの方が言いましたが、レベッカには、 日本語がわからず。宮本亜門さんのオーラを感じたのか、 著名人という事をすぐに察し、近くで写真撮影していたレベッカ。 きっと、いい写真が撮れた事でしょう。

内宮でお参りしてから、赤福で休憩。

13263323_1006280899_181large1-225x300[1]

それから、外宮へ。大急ぎで回りました。

13263323_1006280862_133large1-300x225[1]

忙しかったけど、皆、達成感でいっぱい。 伊勢から、東京に戻る途中、 名古屋で別行動をとった方と待ち合わせ。 夕食に鰻を食べて、東京に帰ってきました。

レベッカ日本滞在5日目。一緒に区役所に行きました。 というのは、私の婚姻届提出の為。 イギリスでの結婚式の証人でもあるレベッカ。 縁起担ぎに、一緒に出向いてもらったのです。 というのも、7日の大安に婚姻届の提出に行ったものの、 書類不備で受理されなかったからです。

今度こそ!と思って行ったのですが、 後から役所の方から電話を頂き、受理されたものの、 また書き直しがあるとの事。 結局、一度では済みませんでした。 でも、レベッカは、初めて行く日本の役所に興味津々でした。

役所からバスに乗って、浅草に向かいました。 浅草は、前回、レベッカが来日した時にも案内した、 お気に入りの場所。浅草でレベッカは友人に会い、下町観光。

私は、役所にまた行き、説明を聞きました。 前回は、ロンドンの英文結婚証明書には、 国籍記入欄がなく、この結婚証明書だけでは、 配偶者が英国人であるかわからないから、 証明書が別に必要になるとの事で、かなりガックリきました。

今回は、ミドルネームとファーストネームを書く順番が違っただけで、 二重線記入と、訂正印の捺印だけで済みました。 これで、やっと婚姻届が受理されました。

レベッカ日本滞在6日目。午前中は、陶芸教室出席。

私が午後、陶芸教室に迎えに行くと、嬉しそうな顔で、 日本人女性と一緒に出て来たレベッカ。 なんと、一緒にいたのは、ロンドンでの生け花の同級生、ミホさん! 私も、ロンドンの教会での生け花展でお目にかかっています。

「偶然なの!」と、はしゃぐレベッカ。本当にこれは縁だなぁ、 と、ビックリしました。夕方から、ロンドンでの生け花の先生の稽古に参加する事になっていました。

その方は、日本に帰国し、東京で生け花を教えていらっしゃいます。 急遽、ミホさんも一緒に行く事に。これには、先生もビックリ。 しかも、お稽古場所は、カオルさん宅。

カオルさんは、ロンドンに住んでいる時に、 書道の生徒さんを紹介してくれた恩人です。

カオルさん宅に着くと、皆、久しぶりの再会に喜んでいました。 まるで同窓会。私も、ロンドンに戻って来たような錯覚をしました。 皆、英語で話していましたし。レベッカはすごい勢いで、 ミホさんに偶然会った事を皆に話していました。

ロンドンでの先生との生け花のお稽古の後、向かったのは、神楽坂の鳥茶屋。 レベッカのお気に入りのお店です。私の母、そして、ファッションデザイナーの叔母と一緒に、 美味しい料理を満喫しました。

私の叔母は、一瞬で、レベッカの着ている洋服のブランドを言い当て、 レベッカは大喜び。仕事でロンドンにも行った事のある叔母と、 ファッション談義していました。

「どうしてもっと早く叔母さんを紹介してくれなかったの?!」と、 レベッカに言われました。

レベッカ日本滞在7日目。どうしても会いたいと言っていた、 私の書道の師匠;矢代黄昌と銀座で待ち合わせました。

レベッカはいつになく緊張の面持ち。 ロンドンで、私と一緒に書道をしている事を話してくれ、 お礼も言ってくれました。 矢代が書をレベッカに見せると、レベッカはとても感激して、 歓声をあげました。

「素敵!綺麗!」と。 そして、「これからも私と一緒にイギリスでお稽古します。」と、 言ってくれました。

今回の日本滞在最後の夜は、レベッカの大好物のしゃぶしゃぶを食べに行きました。

13263323_1006280667_215large1-150x150[1]13263323_1006280671_251large[1]

買い物する時間はなくて、ちょっと不満そうでしたが、 食事には、満足してくれたかな?と思います。

しゃぶしゃぶを食べた後、ミキちゃんも我が家に泊まりました。 レベッカを早朝、成田にお見送りに行く為に。

最終日。早朝に家を出て、三人で成田空港に向かいました。

日本での食事の〆にと、レベッカが選んだ行先は讃岐うどん屋さん。 大好きな鍋焼きうどんを注文しました。

13263323_1006280655_80large1-300x225[1]

成田でレベッカをお見送りした後、帰宅。 そして、夜は剣道部の同窓会に向かい、早朝まで先輩方と過ごし、 一睡もしないで、京都へと向かいました。 そして、京都から日帰り。自分でも、倒れなかったのが不思議です。 とにかく、レベッカ滞在中とその前後数日間は、体力勝負で頑張りました。

日本で、ロンドン書道クラスの同窓会、修学旅行が出来た事は、 私にとって、かけがえのない経験となりました。 書道がくれた縁。心から感謝しています。